忍者ブログ

くらげ男の日々

NEW ENTRY
02 2017/03 1 2 3 45 8 9 10 11 13 14 15 16 17 1819 20 23 24 2526 27 28 29 30 31 04

04/23/22:54  “川崎屋②” うどん・おにぎり

P1160370.jpg16号線沿い、中郵便局のとなりにある昔ながらの食堂、
川崎屋


前回、“氷宇治金時”をいただいたときの記事はこちら

P1160371.jpg今回は、“いなり”¥80.と、“さけ”のおにぎり¥110.を購入し、“みなと博物館”の屋根の芝生でいただく。


P1160391.jpg開けてみるとー、




P1160392.jpgかばんに入れてたのでつぶれちゃってた・・・。






P1160395.jpgやや小ぶりのおいなりさん。






ちょっと甘めのやさしい味。
中の酢飯もパラッとしていてベタベタしていない。
酢の加減もちょうどよくておいしいです。

P1160396.jpgこちらも小ぶりな鮭のおにぎり。






P1160397.jpgペチャンコになっている・・・。






味はとくにどうということはないけれど、コンビニのおにぎりとは違って、いただいたとたん、海苔の香りがフワーッと広がってくるのがフシギといえばフシギ。

使っている海苔が違うせいでしょうか?

こういう、昔ながらのお店が今でも常連さんたちに支えられてちゃんと残っているのがヨコハマの凄いところですよね。

ごちそう様でした。

中区曙町2-28
045-261-1479
PR

08/09/23:35  “川崎屋” 甘味処

4ddbdd8d.jpg
中郵便局の近くの甘味処、“川崎屋”で休憩。

ここはお団子などを売っている脇でうどんなどの軽食や、お汁粉などの甘味がいただけるという昔懐かしいたたずまいの甘味屋さん。


53d5e9f6.jpg 511a5d1e.jpg           
“氷宇治金時”¥400.をいただく。

待っている間、けっこうお客さんがお団子などを買いにきていた。

佇まいだけで客を呼ぶということではなく、味も自慢、ということですネ。

34902d3e.jpgうぐいす色のニクい奴、登場ー。

氷のきめ細かいこと!


ホントに雪のよう、口に入れたとたん溶けちゃうの!

9954d8c6.jpgキメの細かさ、分かるでしょうか?

ノドがカラカラの時には、ジャリジャリしているほうがいかにも氷をいただいているという感じだし、体も冷やされるけど、このキメの細かい氷は、上品な和菓子をいただいているような気になってくる。

かき氷って、このお店のような木造の鄙びた雰囲気の中でいただくと一段とオイシク感じちゃう・・。
フシギ。

ごちそう様でした。

10/29/20:43  “台湾屋台” 台湾料理

16号沿い、バス停の前にある“台湾屋台”で台湾風焼きそばをいただく。

営業は夕方5時から。5時ちょっと前に店の前を通ったところ開いているようなので、入るとまだ仕込み中でしたー。ルーローハンはまだできないと言われる。それが目的だったので残念。せっかくなので台湾風焼きそば¥700.をいただくことに。

どこが台湾風かというと干した小エビが入っているところかな?味は特にどうこうと・・・。

店はカウンターのみで、8人ほど座れる。おばさんとその父親とみられるおじーちゃんとでやってるみたい。おじーちゃんはおなかすいたといって、コンビニへ。テーブルの端で、テレビ見ながらまったりとコンビニで買ってきたアップルパイを食べている。仕込み中だから。 

二人とも愛想がよく、フレンドリー。

ごちそうさま。