忍者ブログ

くらげ男の日々

NEW ENTRY
09 2017/101 2 4 5 78 9 10 12 13 1415 16 18 19 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

07/31/22:16  “屯茶屋” 居酒屋

P1060030.jpg日ノ出町駅のまうら、京急ストアーの横の道を入ったところにある居酒屋さん
屯茶屋

P1060031.jpg“中村町住人”さんに教えてもらったところ。


P1060035.jpg普通の木造2階建てのアパートを改造してアジアンテイストの居酒屋さんにしてある。

P1060037.jpg“コラーゲン入りドリンクのサワー”(たしかそんな名前・・)と“鳥飼”(米焼酎)

いろんな種類の焼酎がおいてある。

P1060038.jpgお通しは枝豆をごま油と唐辛子でさっと炒めたもの(たぶん・・)
おいしい。

P1060036.jpgきょうのおススメ。
メニューは一風変わったものばかり。
おもしろい!

P1060039.jpg店内はカウンターあり、座敷あり、といろいろなパターンがある。


P1060040.jpg韓国風なめろう。
コチジャンとごま油であえてある。
魚はヒラマサだそうです。

辛くない。アッサリとしておいしい。

P1060043.jpg軍鶏のタタキ。
温かく、プリプリのお肉。
おいしい。

P1060045.jpgアボガドの唐揚げ。
薄いころもに味がついている。

クリームコロッケみたいに中のアボガドがトローっとしている。
そのままでも、マヨネーズとポン酢をあわせたものをつけてもよし!
とてもおいしい!

P1060048.jpg砂肝の正油漬。
コリコリとした食感。
ツマミにぴったり!


P1060049.jpg〆のナシゴレン。



店内は照明が落としてあって、とても落ち着く。

京急線が通り過ぎるときの音と振動が心地よい。

若くてオシャレな店員さんはとても礼儀正しく、親切。
みんなこのお店で働いているということに誇りを持っている感じがするのがとてもイイ!

おいしかった、ごちそう様でした。

045-243-4030
中区日ノ出町1-8
18:00~5:00(L.O.フード4:00、ドリンク4:30)
無休
PR

03/28/19:26  “ゴーゴーインドカレーハウス” カレー

9e4f2c6f.jpg日ノ出町駅前交番のおとなりにできたインド料理屋さん、

“ゴーゴーインドカレーハウス”
ステキなネーミング・・・

0fb1cd16.jpg注文をする前に、お水とラッシーを置いてくれた。



5e67a29d.jpg“Cセット”¥870.をいただく。


カレーの辛さは5種類あって、2番目に辛いベリーホットに。

チキンカレー、チキンテッカ、サラダ、ピクルス、ナンのセットなの。

ナンの上にのっかっているのがチキンテッカ。
ジューシーではなかったが、香辛料の香りがよかった。

サラダの横に、ちょこんともってあるのがインドのピクルスですね、きっと。
これも甘酢にインドの香辛料が利いていて、おいしい。

ナンはとても大きく肉厚でやわらか、モチモチッとした食感。

カレーはサラサラではなく、トロッとしている。
おいしかったけど、中のチキンがちょっとショボかったかな・・。

dd4ead0f.jpgこぎれいな店内。



b64869c0.jpgなぜか座敷もアリ。



11519c08.jpgランチメニュー。




9535892d.jpgその2.




私が行ったときは、インドの男の方おふたりでやっておられていて、とてもていねいな接客をしてくれた。

ごちそう様でした。

中区日ノ出町1-97
ランチ 11:00~15:00
ディナー17:30~23:00
定休日 不明・・・

12/14/22:02  “満龍” 中華


296af32a.jpg日ノ出町駅前の道を黄金町の方へ。

黄金橋へと続く道との交差点の近くにある中華屋さん、“満龍”

以前、“陽々軒”だったところ。
しばらく行かないうちにお店の名前が変わっていた・・。

4c70b58a.jpg名前は変わったけど、“とりあえずテーブルと椅子を置いてみましたー”、といった店内の様子に変わりはない模様・・。


29d15106.jpg“五目焼きそば”¥830.をいただく。


“陽々軒”の時と同様、大盛り!

メニューを見ると“上海風焼きそば”はなく、焼きそばは“五目焼きそば”だけ。

タップリな具が中太麺の上にドーンとのっかっている。

味付けは意外にアッサリ、コショウがすこし強めに利いていて、飽きることなく最後までおいしくいただけた。

私が入ったときは40~50代の、中国人のおじさんがひとりでやっておられた。

おじさんのシャカシャカとリズミカルに鍋を振る音が見事で、つい聞き入ってしまう。
中国の方の鍋の振る姿って、日本人とは違って実に力強く、そしてオイシそうに感じる。

3c159d89.jpgスープとデザートが付く。(ランチメニューになっていたため)
スープはよくチャーハンに付いてくるものと同じ。

デザートはクラゲとナマコでしょーか?
味があまりしなく、イマイチ・・

6丁目のイセザキモールにある“北京楼”のような感じのお店かなー?

ごちそう様でした。

11/30/21:40  “陽々軒” 中華

今日は焼きビーフンをいただく。¥700.

47f10437.jpg実はビーフンはメニューにない。この前来た時はメニューにあったので、今回メニューを見ずに頼んじゃった。

台湾人の(たぶん・・・)オバサンが“ビーフンあったっけー?”といって、メニューを覗く。日本語がわからないのか、近くに座ってたお客のおじさんに、“ビーフンある?”とメニューを渡す。おじさん、“ビーフンぐらいあるだろう”といってメニューを見つめるが・・・無いみたい。

そのとき厨房のオヤジさんが“ビーフンできるよー!”と言って、乾燥ビーフンの袋をやぶく。オバサン、“出来るけどメニューに無いのでいくらかワカラナイヨー”“いくらがイイ?”と、中国なまりでワタクシに聞いてきた。

オオゴトになっちゃったナーと思いながら、“700~800円ぐらいかな?”と答えるとオバサン、“じゃー、あいだを取って、・・・・・700円!” ・・・・・やさしい。

今回メニューを見ると、品数がだいぶ整理されていて、前回頼んだ“台湾風焼きそば”もメニューから消えていた。

うーん・・・。なんだかふつうの中華屋さんになちゃったなぁ。

ビーフンは、“北京楼”に近いもので、味は・・・普通。オバサンが“どう?おいしい?”と聞いてきたので、もちろん“おいしい!”と答える。ランチタイムなので?卵スープがついてた。

オバサン、厨房のオヤジさん、二人ともすごく気さく。

オバさんからポイントカードをもらう。“これで、ランチ50円引きになるからネー”  アリガト。

お会計のとき、オヤジさんに“ご迷惑かけました”、と謝って店を出る。

ごちそう様でした。 メニューの写真の上海風焼きそばがおいしそうだったので今度試そう。