忍者ブログ

くらげ男の日々

NEW ENTRY
08 2017/09 2 5 6 7 9 11 13 17 19 20 22 24 25 26 27 28 29 30 10

12/01/22:16  11月29日(2009忘年会 in熱海②)

DSCF7959.jpg朝。




大学に残っているチカは、きょうも仕事があるため、すでに新幹線で帰っている。

一方・・・
DSCF7954.jpg「帯がね~よ。誰かオレの帯知らない?」




学生時代、“セイウチ”とも呼ばれていたヒビ。(今も)

DSCF7956.jpg「まあ!、どうしたらこんなに散らかせるんでしょう」by仲居のオバチャン。






DSCF7973.jpg「アイツらあんな格好でよく寒くないな!」byマル






DSCF7965.jpg朝食。




一合炊きの釜飯+白いご飯2杯食べたイヌ(ヒビのとなり)は・・・


DSCF7978.jpg食後、トドに変身。




セイウチ&トド。

イヌ:「帰りにヒビのクルマで秘宝館に寄って行こうぜ!」

ワタシ:「ずーっとむかしの忘年会の帰りにみんなで行ったジャン」

「また行こうぜ~、話のタネにもなるからさー」

「オレは行かん。行きたいならオマエひとりで行ってきな」

なおもしつこく秘宝館に行きたいと言うイヌに・・・

「じゃー、起雲閣に行こうか。あそこならここから歩いて行けるし」

「起雲閣?ナニそれ?」

「元は古い旅館で、今は文化財になっているところ」

「オモシロイ?」

「知らん!とにかく秘宝館に行くならオレは帰る」

・・・ということで、ヒビ、イヌ、ガミ、ワタシの4人は帰りに起雲閣に寄って行くことに。

DSCF7979.jpgヒビ自慢のジャンバー。




「京王閣54周年記念のモノなんだゼ!」

ヒビは競輪ファン。

去年、横浜で忘年会をしたときには、ネットオークションで手に入れた、競輪選手のサイン入りのジャンバーを着て来たが、ワタシ以外の誰からも気づかれることはなかった。(今年もそうだが・・・)

DSCF7984.jpgGO!






DSCF7990.jpg起雲閣




大正8年(1919年)に別荘として建てられ、昭和22年(1947年)からは旅館として平成
11年まで営業していたところ。
平成12年に熱海市の所有となり、一般公開。平成14年には市の
有形文化財に登録された。入館料500円。

DSCF7998.jpgそういえば、ヒビって・・・




『らんま1/2』に出てくる、パンダに変身した、らんまのお父さんに似ているな・・・。

館内の自販機の前で。

ヒビ:「おーっ、“森永キャラメル”だって、おもしろいジャン!熱海のオミヤゲに買って帰ろう!」

「そんなもん、どこにだって売ってるよ。荷物になるだけだから・・・」

DSCF8001.jpgもう買っちゃったのか・・・。






DSCF8002.jpg広ーい日本庭園を囲むように建物が建てられてます。




日本庭園でガミが迷子になるが・・・



DSCF8003.jpg無事、保護される・・・。




ガミは徳島出身。普段からいつもボーっとしてる。

学生時代、仲間内で行われた“年間ものぐさ大賞”を連続で獲った男。

大学3年か4年の冬、喫茶店で・・・

ガミ:「ハンディや。実家から通ってくるヤツとウチみたいな下宿のヤツではハンディ
がある」

「どういうこと?」

「寒いんや、部屋がメチャメチャ寒いんや。息が白いんや」

「寒ーて、寒ーて。試験前は手袋しながら勉強しなきゃいけないんや」

「エアコンは?」

「そんなもん、ナイ」

「ハハーン。ガミはものぐさだからストーブ買うのが面倒でないんだ」

「いや、石油ストーブはある」

「フーム・・・。わかった!じゃあ、灯油を買うのが面倒でないんだ」

「いや、灯油もある」

「?」

「 じゃあ、何で寒いの? まさか石油ストーブのスイッチを押すのが面倒とか・・・」

「ちがうんや、アレがないんや、アレが」

そう言いながら、ガミは右手を開いたり、むすんで見せたりするのだが、最初はそれが何を指しているのかさっぱりわからない。

しばらくガミの手の動きを見ているうちに・・・

「灯油のポンプ!!」

「ソレや、ソレ。ソレが無いから寒ーて、寒ーて・・・。ハンディや、ハンディがキツすぎる」

「ポンプならダイエーとか行けばいくらでも売ってるジャン」

「・・・・めんどいんや」

ちなみにガミはいまでもそのアパートに住んでいる・・・。(引っ越すのがめんどくさいから・・)



起雲閣を見学したあと、熱海駅でオミヤゲを買って帰ろうとしたが、駅の近くの駐車場をさがしているうちに・・・

ワタシ:「あっ、あそこに駅前駐車場って書いてある、右に曲がって!」

ヒビ:「・・・オマエ。ここ、駐車場じゃなくて駐輪場じゃねーか。どうする、海に出ちゃうけど、1周してくる?」

イヌ:「じゃあ、こうなったら小田原駅まで乗せてって。ついでに小田原城にも行こうゼ!」


DSCF8007.jpg日曜日にもかかわらず、快調に流れていたが、真鶴道路の出口の料金所ちかくでチョッと渋滞する。




ヒビ:「おい、渋滞かよ!やだなー」

イヌ:「いいジャン、チョッとぐらい渋滞したって。別に急ぐ用事があるわけでなし」

「バカヤロ。オレはじつはせっかちなんだよ!渋滞かよー、もうー」

「オマエな、その、せっかちのせいで子供が生まれちゃうことになったんじゃねーか。オマエもイイ歳なんだから、すこしは我慢ということを覚えろよ」


8a2cca11.jpg「・・・・まあな」




せっかちのニュアンスが違うような気がするが・・・。

途中、
DSCF8012.jpg小田原の
鈴廣かまぼこの里で・・・




ヒビ、お勧めの場所。

「ここの“あげかま”がウマイんだ!」

小田原厚木道路、箱根ICを降りて小田原の方に走ってすぐのところです。

DSCF8021.jpgオミヤゲ買って・・・






DSCF8025.jpg小田原城へ。




現在の小田原城の天守閣は、昭和35年に鉄筋コンクリート製に復元されたもの。
内部は小田原城の歴史に関する博物館になってます。
入場料400円。

DSCF8029.jpgおーっ、小田原の海や箱根の山がよく見えて・・・







DSCF8034.jpg「あそこに見えるのが小田原競輪だ。きょうは日曜なのに人が少ないな・・・」



「この分じゃ、スタンド半分も埋まらないだろう・・・。競輪、人気落ちてるからなー」

ヒビは景色には興味がないらしい・・・


DSCF8030.jpg刻印を打つときの、“カシャーン、カシャーン”という音で、天守閣にいた観光客がみんな私の後ろに集まって来る・・・。





DSCF8041.jpgこの9月に亡くなった象の“ウメ子”がいた檻。






DSCF8045.jpgさてと・・・






DSCF8047.jpg報徳二宮神社。






DSCF8054.jpgワタシたち3人を下ろしてヒビはウチへ帰っていく。






DSCF8056.jpg小田原駅構内にある“箱根そば”
ウマイ!



そうか・・・

DSCF8057.jpg今、エコ箸を使うようになってんだ。




気づかないで割り箸を持ってきちゃった・・・。


DSCF8060.jpgイヌ:「アレ、ガミ手ぶらで来たの?」




「ああ、めんどいからな」


DSCF8065.jpg帰る。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL