忍者ブログ

くらげ男の日々

NEW ENTRY
11 2017/12 2 4 7 10 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

07/14/00:15  ヒビ

大学2年の春、
友人Aが こんな情報を持ってきた。
 
“蒲田にある、おいしいという評判のおすし屋さんで月に一度、3500円で食べ放題をやっているらしい”
 
さっそく仲間8人で、食べ放題をやっているといわれる日に蒲田に行ってみると、
 
「本日定休日」
 
友人A の情報はいつもいい加減で、こんなのばっかりだ。
 
友人A「じゃあさ、この近くにおいしいピザ屋があるから・・」
ワタシたち「おいしいすしというから蒲田まで来たんだ、納得できん、フザケルナ!」
「・・・」
「じゃあさ、この近くにおいしい牛タンのお店があるから・・」
「食べ放題というからこんなにおなかすかしてきたんだ、そんなもんでは絶対に納得できん、フザケルナ!」
「・・・」
 
けっきょく10分ほどの話し合いのすえ、全員一致で、ピンサロにいくことに落ち着いた。
・・・・せっかく蒲田まで来たんだから、3500円ものお金を用意して。
 
東口から西口に移り、「女女(めめ。今はもうない)」の呼び込みのオッサンと値段交渉。
 
入る前に、お店をでたら「女女」のはす向かいの2階にある喫茶店で待っている、という段取りをしておく。
 
ワタシがいちばんさきに喫茶店で待っていると、友人Bがやってきた。
      
ワタシ「どうだった?」
友人B「・・・・ウエストが1mあった」
「!」
「それでも・・、飲みなおし(延長)はしたぜ!」
どうだ、オトコらしいだろう、とでも言うかのように、自慢気にワタシを見る。
 
つづいて友人C もやってくる。
「どうだった?」
「・・・・オトコだった」
「!」
「暗くてよくわからなかったが、触った感じではオトコに間違いないな、アレは」
「・・・」
「それでも・・」
友人C はタバコの煙を鼻からフーン!といきおいよくはき出しながら、自慢そうにこう言った。
「飲みなおし(とくべつなサービスタイム)してやったぜ!」
「おおー」
「ふふふ」
 
「で、オマエは?」
・・・ワタシは事務的に報告する。
「ガリガリ、金髪、パンチパーマ、ジェリー藤尾のそっくりさん」
「!」
「・・・やるなー、オマエも。で、飲みなおしは?」
ゆっくりと首を横にふると、
 
「いくじなし!!」
 
 
そのあと、穴守稲荷のマンションに住んでいた友人のところでマージャンをやろうということになり、京急線に乗っていると、横に座っていたヒビが自分の右手をニヤニヤしながら見つめていた。
 
ヒビは身長180cm以上、体重110kg、アメフト部、アニメの“らんま½”に出てくる“パンダに変身した親父”に体つき(とくに目つき)も、性格もそっくりなヤツで、
“ハタチにしてすべての成人病を持つ男”
と仲間から呼ばれていた。
(そう言われても、ナゼか本人はまんざらでもないというような顔をしていたのがフシギだった。ほめられているとカン違いしていたのだろうか?)
 
ヒビはこのときが風俗初体験。
 
「オイ!」
ヒビがワタシの肩をつく。
「オレ、今日は絶対手を洗わないんだ。ムププププ。どうしてだか知りたい?」
「知りたくない」
「・・・。キケヨ、バカヤロー。あのな、ごちょごちょごちょ・・」
ヒビがワタシの耳元でその理由をささやく。
「・・というワケ!ムププププ」
「バカタレ!」
「・・・・」
しばらくすると、こんどは向こう隣の友人の肩をつき、
「オイ!オレ今日は・・・」
 
マージャンを始めるとき、大もめにもめた。
ワタシたちはヒビに、手を洗わなければ絶対にマージャンをやらせないといい、
ヒビはヒビで、マージャンはやる、そして今日だけは絶対に手を洗わない、とがんばる。
 
協議の末、
1.ヒビは手を洗わなくてよい。
2.その代わり絶対に盲牌をしてはならない
ということで落ち着いた。
 
 
ヒビは2度の離婚のあと、去年、24歳のヤンキーのオネーちゃんと入籍。
ことし2歳になる女の子がいる。(前の奥さんとの間にも子供が2人いる)
 
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL