忍者ブログ

くらげ男の日々

NEW ENTRY
02 2017/03 1 2 3 45 8 9 10 11 13 14 15 16 17 1819 20 23 24 2526 27 28 29 30 31 04

11/22/10:38  11月4日(毘沙門沼、諸橋近代美術館、磐梯山噴火記念館、猪苗代湖・タロカフェ、馬車道・Damm)


「ハイ、おはようさん」







「ホテルの朝食バイキングもいいけど、やっぱり旅館のお部屋での和食は格別だね♪」


「うめぇ!」パクパク・・


「さぁ〜てと・・」


「そろそろ出発するか♪」


「・・で、どこに行くんだっけか!?(笑)」


「フーッム」

 
五色沼の中でいちばん大きく、最もポピュラーな毘沙門沼ってか〜」



「残念ながら・・」

「晴れているときにはこの真正面に見えるという、磐梯山は雲に隠れて見えないけれど・・」


「コバルトブルーの水面と紅葉の赤の対比が素晴らしいね!」


パチリ・・


パチリ・・

「しかし、寒いねぇ」

「こうやって写真を撮っていると、手がかじかんで痛くなってくるよ(苦笑)」


「さっ・・」


「早く暖かいクルマの中に戻ろうよ(笑)」


「・・で、つぎはどこに行く・・」


「フーッム」

「サルバドール・ダリのコレクションで有名な諸橋近代美術館ってか〜」


「ダリの作品を鑑賞するまえに・・」


「とりあえず、館内のカフェで一服していこうや♪」


「小腹も空いたしね(笑)」


「うめぇ!」


「しかし、ホントに地方の美術館、恐るべし!だよねぇ」

「ダリの作品をあんなに間近に、ゆっくりと眺められるなんてさぁ」

「あん!?」

「雲が晴れて磐梯山が見えてきたわ♪」

「さっ、そろそろ出発するよ!」

「ハッ・・」

   
「ところで、つぎはどこに寄ってくんだっけか!?(笑)」


「フーッム」

「明治21年(1888)の磐梯山の噴火による山体崩壊と、それによる被害の様子を知ることができる、磐梯山噴火記念館ってか〜」


「フーッム」


「磐梯山はもう雪が積もっているんだねぇ」


「そんでもって・・」

「山を下って・・」

「猪苗代湖に行くってか〜」


「それにしても・・」

ん?

「小腹が減ったねぇ(笑)」

!!






タロカフェ・・、ここにおいしいチーズケーキがあるんだね!?」

「ハッ・・」


「いや〜、アンタが言うとおり、チーズケーキおいしいねえ♪」

「甘過ぎず、かといってアッサリし過ぎてもいないで、チーズの風味と甘さが絶妙なバランスだね♪」

「アイスカフェラテのほうも、見た目は甘そうだけど、じっさいはまったく甘くないところもいいわ〜」


「広い店内は趣味のいい家具が置かれていたりして落ち着いた雰囲気だし・・」


「窓の外には猪苗代湖が見えて・・」

「美術館だけじゃなく・・」
   
「地方のカフェも恐るべし!だねえ(笑)」


「そんじゃあ、横浜に帰って・・」




「馬車道のダムで夕飯といこうや♪」


パウラナー・ヘーフェヴァイスでカンパイ♪


ザワークラウトに・・

 生ハムとチーズのサラダ・・

それと・・
 
ホッコリ、ジャガイモのラクレット・・

 

 
4種のチーズのフラムクーヘン(ドイツ風ピザ)

そしてメインの・・

アイスヴァイン(ハーフ)


ドイツなんて1回も行ったことはないんだけど・・

ドイツ料理って素朴で滋養たっぷりな感じで、なぜか、まるで帰省したときに実家で出てくる田舎料理のような、ほっこりした気持ちになるんだよねえ♪



つづく

PR

無題

楽しそうだね、けけけけけ

  • 2016年12月08日木
  • たま男
  • 編集

どうも

>たま男さん、

(笑)

  • 2016年12月15日木
  • くらげ男
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL